海中転落

みなさんこんにちは。

AWAKE JAPAN代表の関です。

今日は海中転落について書きたいと思います。釣りをしていて足を滑らし海中に転落、高波に足をすくわれ海中転落。海中転落には様々なシチュエーションがあるかと思います。自分が海中転落した場合について取るべき行動は、また後日記事に書きます。今回は、仲間が落水した、子供が堤防から落ちた、隣にたまたまいた人が落水したなど、自分以外の人が落水した時のとるべき行動を解説していきます。落水者を発見、まず自分が飛び込んで助けるという考えは間違いです。最初は声かけです。同時進行で通報します。落水者は大抵の場合、少しのパニックになっています。パニックはレスキューにおいて最大の敵です。『大丈夫だよー、落ち着いてー』などの声かけが落水者の正気を取り戻させてくれます。声かけのみでレスキューできる場合がほとんどです。落ち着けば自力と声掛け誘導で岸まで泳いで来れます。声掛けでもどうにもならない場合は、その②です。その場にあるものを使う(飛び道具です)木の枝、ロープ付きのバケツ、なんでもいいです。掴んで引き寄せてあげることの出来るものです。この時にスローバッグがあれば助かる可能せは高まります。堤防で落水した時も梯子の位置までロープで引っ張る事が可能です。それでも困難な場合に最終手段として、その③ 自分が飛び込んで助ける(コンタクトレスキュー)に入ります。コンタクトレスキューはプロのレスキューアーにとってもかなりのリスクが伴います。パニックな人を相手に安易に正面から近づくにはリスクがあります。要救助者(落水者)に沈められてしまうケースがあります。まず、顔に水をかけるなどし、背後に回り込みます。後ろからガッチリ掴み泳ぎます。人を掴みながら泳ぐ行為はほぼ不可能ですが、これもロープがあれば可能となります。AWAKEでもこのコンタクトレスキュー(ライブベイト)について過去に動画を上げていますので気になる方は確認してみてください。人を助ける行為にはそれなりの装備と知識が必要です。皆様が安全に釣りを楽しまれることを期待します。

AWAKE!





閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

波の種類