ヒラスズキ産卵

こんな研究がされていました。

ヒラスズキの個体にロガー(水温と深度が図れる機器)を取り付け調査。

すると日中は10mより浅場にいたヒラスズキが夜間になると

1時間〜3時間の間のみ、水深60m付近まで移動していた事がわかりました。

産卵ですね。その行動を数日に分けて行っていたそうです。

産卵期(スポーニング)に入ると釣れずらくなる為、

深場に行ってしまうという見解もあります。

しかし実際に深場にいる時間帯は短いのです。

やはり産卵はヒラスズキにとっても大変体力が消耗します。そのため、自分の捕食しやすい条件でしか口を使わなくなります。

スローリトリーブやドリフトなどが有効かもしれません。

また体力が衰えてきたヒラスズキは吸い込み力も弱くなります。

この季節にショートバイト多くなるのも納得です。

これから多くの個体で研究が進めば産卵のタイミング(潮回り)など、釣りにも活用できそうですね。

AWAKE!!



33回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示