なぜベイトは寄るのか

ベイトはどのような条件で岸に寄るのか。

考えた事がある方も多いかと思います。

潮位差、風向きなど。

そこで今回はベイトの予測の仕方の一つを

説明していきます。

風にベイトが流されてくる。

例えば西風なら西面の場所にベイトが溜まる?

そう思っている方も多いかと思います。

実は、『エクマンの水吹流』という現象があります。

簡単に説明します。

地球の北半球では風の吹く方向に対し右側45度に海流ができます。海流は海面(表層)は45度、水深が深くなればなるほど右側に角度を変え50度60度、、90度と海流は角度を変え流れていきます。

ということは、釣りに置き換えると

つまりどうゆう事か?

風の強く当たる面の45度右側が

ベイトが寄る可能性が高いということです。

これは実際に釣行で当たる可能性が

かなり高いです。

風が強く吹いた次の日の朝はチャンスです。

ベイトの寄りは釣りをする上で

重要な要素であることかと思います。

参考の一つにしてみてください♪

皆様がいい魚と巡り会えますように!

AWAKE!



81回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示